CEの概要

関連情報

会員の皆様

 

6月7日に学校運営評議会が行われました。

リセ家族の会(以下FLT)からは、エリザベト・ボフォー、ムリエール・イノとジョエル・ゲイの3名のが代表者として出席しました。

 

今回の学校運営評議会は非常に特殊な状況のもとに行われました。5月に教員・職員の代表が集団辞職し、執行部・生徒・保護者代表のみが出席したためです。

1) 2018年度新学期

–       PS(幼稚園年少組)からTerminale(高校3年生)まで全53クラスを予定。

–       2019年度新学期からバカロレアのオプション(選択科目)として「映画」を開設するようAEFE(フランス在外教育庁)に申請中。正式決定は2018年10月の予定。

–       執行部の判断によりSecondaire(中・高等部)に理工系・自然科学系のコーディネーターを新設。

–       教育省の指示に基づき、来年度(本年9月)より、Terminaleに従来の1名に代えて担任教員を2名設置。

–       2018–2019年度年間予定表を確認・採択。

2) 2017–2018年度の総括

–       国内旅行多数。

–       対照的に、アジア地域でのスポーツ遠征は皆無。予算超過のため。

–       滝野川第6小学校跡地別館開設計画は放棄。

–       AEFEは仏本国より派遣の常勤教員2名の廃止を希望。保護者代表は反対を票決。

–       新教育プロジェクトは未確定。評議会は6月末までに臨時会合を開いて票決を行う予定。

 

よろしくお願いいたします。

 

リセ家族の会

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!