Catégorie : Q&A en Japonais

リセカフェQ&Aからのお知らせ 2013年5月29日

  リセカフェQ&Aからのお知らせ 2013年5月29日 5月29日の午前9時から12時まで、今学年度第3回のリセ・カフェQ&A が行われました。子どもたちの地元の小学校体験をめぐって、13人の参加者がにぎやかに意見交換しました。主な話題を簡単にまとめると次の通りです。 ・明正小学校の体験入学をAFで担当してこられた森村伊津美さんから、これまでの交流についての説明 明正小学校との関係は教育委員会の承認のもとで18年間続いており、交流行事は毎年恒例の行事として定着し同小学校の広報資料にも掲載されています。2週間、普段通りの日本の学校生活を体験することで、集会や給食、掃除や登下校の習慣の違いなど色々と発見があります。基本的には無料ですが、給食や保険、教科書、上履きなどは個人負担です。日本語力は最低限のコミュニケーション能力が必要です。 ・参加者それぞれの地元の小学校での受け入れ経験に関する意見交換 リセの休み中の受け入れに対する対応は区によってばらばらです。基本的には、教育委員会を通じて申請するよりも、地元の小学校に直接出向いて話し合う方法の方が効果的です。校長先生によっては意外にも喜んで受け入れてくれる場合があり、昨今の国際化の影響か以前より門戸は開かれている傾向のようです。リセの近辺では、西ヶ原小学校、第三滝野川小学校で受け入れの実績があります。 ・その他 リセに通学しながらも日本の学校を経験したりして、風習を学ぶとともに日本語能力の維持・向上を同時進行できる方法などについて皆様の関心が高かったようです。特に漢字学習は子供自身の努力と時間がかなり必要となり、将来的にフランス語・英語・日本語がどれも中途半端にならないようにしたいという声が上がりました。 また、バイリンガルの小学校のクラスは将来的にどうなるのか、中学校でも何かの形で続けられるのか、など、多くの質問が寄せられました。 その他に、リセからのお知らせには、フランス語だけでなく英語、日本語の訳を付けてほしいという要望がありました。

Categories : Informations pratiques, Q&A en Japonais

リセ・カフェQ&Aお知らせ (café Accueil Q&A pour japonophones) 2012年12月05日

  会員の皆様 新しい校舎での新学期もいよいよ終わろうとしています。子ども達の学校生活も少しずつ落ち着いてきたように思います。 この3か月を振り返って、冬休みの前の12月5日(水)に第2回目のリセ・カフェQ&Aを開催しようと計画しています。 お友達をお誘いの上、ぜひふるってご参加ください。 今回は、これからのカフェQ&Aのあり方、中等部・高等部での日本語の授業のあり方、特にOIBについて話し合いたいと思っています。 さらに学期末の学級委員会についてなど、学年にかかわらず、どのような質問でも歓迎します。ご遠慮なくご発言ください。   日時 : 12月05日(水)9時~12時 場所 : Café Sara (学校から徒歩約10分です) http://www.tokyo-medical.co.jp/cafe.html 定員が30名ですので、ご参加いただける方はメールにてお返事いただけますで しょうか。 また、この日都合が悪い方もメールでご質問をお寄せください。 できるかぎりお答えいたします。 ぜひ皆様お誘いの上ご参加ください。(AFの会員でない方もぜひどうぞ) association@familles-lycee-tokyo.com

Categories : Informations pratiques, Q&A en Japonais

リセ・カフェQ&Aお知らせ (café Accueil Q&A pour japonophones) 2012年10月10日

会員の皆様 新しく東京国際フランス学園にいらした方はもちろんのこと、子どもの学年があがるごとに、保護者の皆様には、様々な不安や疑問がおありのこと思います。 フランス語での先生とのやりとり、フランスと日本の教育制度のちがい、日本語教育、将来の進路など、心配はつきません。 そこで、AF-fcpeでは、毎年10月に<リセ・カフェQ&A>(わからないことを日本語で聞いてみようカフェ)を開いています。 AFの保護者が皆様の質問にお答えします。 どんな些細なことでも結構です。できるかぎりお答えいたします。 日時 : 10月10日(水)9時~12時場所 : Café Sara (学校から徒歩約10分です)http://www.tokyo-medical.co.jp/cafe.html 定員が30名ですので、ご参加いただける方はメールにてお返事いただけますで しょうか。 また、この日都合が悪い方もメールでご質問をお寄せください。 できるかぎりお答えいたします。 ぜひ皆様お誘いの上ご参加ください。(AFの会員でない方もぜひどうぞ) association@familles-lycee-tokyo.com

Categories : Informations pratiques, Q&A en Japonais

問い合わせ

質問 : ご担当者様   フランス国籍を持つ現在1歳の息子を幼稚園より入学させたく、情報を検索しておりますがなかなか公表されていないようです。 妻はフランス語が理解できますが、私が日本語による情報を探しております。 そこでどちらにご相談してよいのか分からずに、ご迷惑かもしれませんが保護者会にメールをさせていただいた次第です。 知りたい情報は以下の通りです。 ・学事日程(入学・卒業) ・入試選抜方法、倍率、難易度等 ・学費 ・奨学金 ・滝野川校情報 ・日本語によるサイト、相談窓口、機関誌等の情報 答え : お尋ねの件ですが、順番にわかる限りお答えいたします。 1) 学事日程(入学、卒業) リセフランコジャポネ(以下リセと書きます)はフランス政府公認の教育施設ですので、 フランス政府教育省の定めに従っています。 すなわち、 幼稚園ー3年、小学校ー5年、中学校ー4年、高校ー3年です。 学年度は9月から6月末になります。 高校2、3年ではフランス政府による高校卒業試験(バカロレア)を 受けます。 また年間4回2週間程度の休みがあります。 詳細はリセの日程表をご覧ください。 http://www.lfjtokyo.org/secondaire/uploads/Documents/administration/calendrier-2011-2012-primaire.pdf 2) 入学選抜 原則として、お子様がフランス国籍をお持ちであれば、入試などはありません。 フランス人児童がリセで教育を受けることはフランス人としての権利です。 ですから、特に条件はありません。幼稚園には日本人アシスタントもついています。 実際に多くの日仏のお子さんはあまりフランス語ができない状態で幼稚園に入園します。 3) 学費 こちらに詳細が載っています。 http://www.lfjtokyo.org/primaire/index.php?page=frais-de-scolarite 例) 今年度の幼稚園—年間の学費948.000円+年間の給食費115.400円 4) 奨学金 フランス国籍を持つ児童の家庭にはフランス政府の奨学金があります。この奨学金は日本 の奨学金とは異なり、貸与ではなく給付(実際には学費の無償、あるいは減額)になります。 この奨学金を得るためには、毎年2月から3月に行われる奨学金申し込み期間に必要書類を 提出しなくてはなりません。家庭の所得状況と様々な条件を鑑み審査されます。また奨学 金への政府の補助金の増減により、毎年変化するため、事前に予測することは困難です。 5) 滝野川 こちらもリセのサイトで詳細がご覧になれます。初等科(幼稚園、小学校)は2012年5月に (ゴールデンウィーク開け)に、中、高等科は2012年度新学期の9月に引越しの予定です。 最寄駅は三田線新板橋、埼京線板橋です。 6) 日本語による相談窓口 […]

Categories : Informations pratiques, Q&A en Japonais
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!